工場求人を自力で探すデメリット

自分の希望に合った求人を見つけにくい

工場の求人を自力で探すのは可能ですが、その場合は自分に合った仕事を見つけにくいことがあります。仕事を見つけるときには給料や休みの数、寮の有無など自分の希望する条件がいくつかあります。自力で自分の条件に合うところを見つけだすのは簡単ではありません。募集をしている会社のホームページを一つ一つ調べていけば、自分の希望の条件に合うところが見つかる可能性もあります。しかし、その場合は時間と手間がかかってしまいます。いろいろ求人の条件をくらべて、その中で一番良いところを選べば後悔はほとんどありませんが、自分で探した場合は比較検討するのも簡単ではありません。ネットで調べる場合は、一度に一つの会社の募集要項しか見ることができないからです。

その職場の実状が分かりにくい

自力で探した場合は、その職場の実状が分かりくいデメリットもあります。例えば、人間関係の良い職場かどうか分かりずらいです。求人を出す工場は、人間関係のような内部の事情を応募者に教えてくれることはありません。残業についての情報も手に入れにくいことがあります。募集要項には残業のことは書かれていますが、具体的な内容や時間は曖昧なことも少なくありません。その職場の人間関係や残業について、応募者が知ることは可能です。工場の求人を専門に取り扱っている転職サイトのスタッフに聞けば、教えてくれます。スタッフはいろいろな工場とのつながりを持っているので、それを利用して応募者が気になることを調べます。調べてもらったことを判断材料にすれば、納得のできる就職や転職が可能ですが、自力でそれは難しいです。